NEW 寄居発 – 里山速報 No.12

Written by 管理人 on . Posted in 新着情報, 里山速報

目次


24年度総会のご案内

今年度の総会を下記のとおり行います。今回は法人解散という重要な案件を審議しますので、都合がつきましたらご参加下さい。欠席の場合は委任状(メ-ルでも何でも結構です)を提出下さるようお願いします。

期 日 6月2日(土)
時 間 午前11時~12時
場 所 カフェギャラリ-ノア
議 題
  1. 平成23年度事業報告と会計報告の承認
  2. 平成24年度事業計画案と予算案の審議
  3. 2年後の法人解散について
    (設立15年となる平成26年3月をもってNPO法人としての活動を終了し、以降は任意団体として活動するという提案です)

カフェギャラリ-ノアからのお知らせ

ノアをカフェギャラリ-としてリニュアルオ-プンしてから、1ヶ月が経過しましたが、友人、知人が来て下さり何とか運営して来られました。本当に感謝の気持ちで一杯です。皆さまの応援によって本会の活動が支えられていることを、改めて実感しています。
とはいえ、運営は厳しい状況です。これまでの総収入(レストラン収入、グッズ頒布収入、会場使用料)が169,910円なのに対し、総支出(ガス代はまだ請求が来ていないので含めません)は263,338円で93,428円の赤字です。赤字額は1日平均5,839円となっており(ガス代を含めるともっと多くなります)、前途は厳しいものがあります。
しかし、最初から黒字にするのは難しいのが当たり前です。人通りの少ない立地に加え、普通の民家での営業ですので、レストランらしい雰囲気でもありませんし、立派な看板があるわけでもありません。そんな悪条件にもかかわらず、これまで来客が0という日がないのですから、上々のスタ-トというべきでしょう。
お客としてわざわざ来て下さった方が、「おいしい食事だった」、「暖かな雰囲気で居心地が良かった」と感じてもらい、「友だちを誘って、また来よう!」と思って頂くことがどんな宣伝よりも大切なことだと考えます。
幸いマスコミでも取り上げて下さいました。現状は厳しいですが希望を持って、皆さまに喜ばれる場所として1日でも長く続けていきたいと願っています。引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。

上の写真のように庭に砂利を敷き詰め、4台程度駐車が出来るようにしました。砂利を14トン注文したのですが、砂利を搬入する際、誤ってトラックが門の一部を壊してしまいました。門の修理に際し、同じ材料(大谷石)がなく、別の素材で修理してもらいました。大家さんには申し訳ないことをしてしまったのですが、かえってレストランらしい雰囲気に修理され内心喜んでいます。おまけに、砂利代(34,000円)もただにしてもらえました。思いがけないアクシデントのおかげで、私たちとしては助かりました。

新規イベント案内

今年度は新たに「里山を楽しむプログラム」として下表のような体験プログラムと作業を行うことにしました。参加費は無料ですのでぜひご参加下さい。

プログラムのタイトル 開催予定日 備    考
ヤゴ探しとトンボの羽化観察 6月9日 小川町の兜川で実施
ジャガイモ掘り 6月23日 ジャガイモを格安でお分けします。
ソ-メン流し 8月1日 ノアで竹を切り出して実施
食べられる木の実園作り 9月15日 ノアの畑の一部をミニ果樹園に
オ-プンガ-デン作り 10月13日 ノアの庭に花木を植栽

6月の各種プログラム詳報

第5回・第6回里山体験プログラム『泥んこ田植え体験』

期 日 6月16日(土)10時30分~14時30分
6月17日(日)10時30分~14時30分
場 所 体験田んぼ(10時30分までにノアにお越し下さい)
参加費 小学生以上1500円、幼児500円、3歳以下無料
雨天 両日とも決行
持ち物 田植えたびか汚れても構わない靴下(長靴は不可)、軍足、着替え、手ぬぐい、アミなどの採集用具、生き物を持ち帰りたい方は容器
内 容 田でイネの苗を植え付ける作業です。作業は12時で終了し、昼食後は自由行動となりますので、ザリガニ採りや虫探しなど時間の許す限り遊んで下さい。

第7回・第8回里山体験プログラム『ホタル狩りと暗闇体験』

期 日 6月30日(土)19時~20時30分
7月7日(土)19時~20時30分
場 所 トンボ公園モデル地区(寄居町末野)
参加費 幼児以上500円、3歳以下無料
雨天 中止
内 容 トンボ公園に集合し、ホタルの説明後暗くなったら歩いてホタルを探し、一回りして戻ってきます。途中杉林で被われた暗闇を通ります。
毎年ゲンジボタルとヘイケボタルが見られますが、個体数はその時の気象条件やその年の発生数により大きく異なります。自然相手なので必ず見られるとの保証はありませんが、これまで全くみられなかった年はありません。
なお、両日に限ってノアの営業時間を午後6時まで延長します。ノアで食事をして頂き、6時半頃ノアを出発するとちょうど良い時間になります。ノアでの食事を希望される方は、予約して頂けると有り難いです。
以上の体験プログラムの参加申し込みは、自然体感塾ワンダースクールの太田さんまでお願いします(TEL・FAX:03-3921-6994)

田んぼまるごと体験教室

このプログラムは参加登録者のみのものですが、いつでも登録を受け付けています。
登録をご希望の方は事務局までお申し込み下さい。登録フォームからもお申込み頂けます。

第2回「畦シ-ト張り」

期 日 5月26日(土)10時30分~12時
内 容 水漏れ防止のため、畦に添ってシ-トを張る作業です。ついでに面積を少し広げたいと思いますので御協力頂ければ有り難いです。参加は自由ですので、参加できる方は田んぼに来て下さい。
持ち物 長靴、軍手、水筒、スコップ(スコップは当会にもあります)
雨 天 中止

第3回「代かき」

期 日 6月7日(木)10時30分~12時
内 容 田んぼの泥を足でこね回したあと平らにする作業です。この作業は人力では大変なので後日機械で行うことにします。人力でやってみたいという方がある場合のみ実施します。参加希望者は必ず事務局までお申し込み下さい(誰もいなければやりませんので)

第4回「田植え」

期 日 6月9日(土)10時30分~12時
内 容 餅米の苗を手で植えます。ただし、胃炎の生育状況など出来ない場合もあります。
中止や延期の連絡は参加登録者の方に差し上げます。

里山を楽しむプログラム

第1回「ヤゴ探しとトンボの羽化を見る会」

期 日 6月9日(土)午前10時30分~12時
場 所 小川町の兜川(参加希望者は東武竹沢駅前ロ-タリ-に午前10時30分にお越し下さい)
内 容 川に生息する水生昆虫や魚などを見つけます。オジロサナエ、コオニヤンマなどの羽化が見られるかも知れません。天気が良ければアオサナエ、アオハダトンボなど希少なトンボも見られるでしょう。
雨 天 中止

第2回「ジャガイモ掘り」

期 日 6月23日(土)午前10時30分~11時30分
内 容 ジャガイモを自分で掘り取って下さい。品種は「だんしゃく」と「きたあかり「です。掘り取ったジャガイモは市価の半額程度でお分けします。完全無農薬栽培です。
以上のプログラムの参加申し込みは、事務局までお願いします。
雨 天 中止

ノアの庭に生えている春の雑草

里山体験プログラムとして「食べられる野草」を行うに際し、ノアの庭にある雑草を調べましたので、その結果をお知らせします(植栽下と思われるものは除いてあります)。ただし、私は植物にあまり詳しくないので、イネ科やシダ類など同定ができませんでした。夏と秋にも調べたいので、植物に詳しい方の御協力が頂けると有り難いです。

以下の表のように、庭に生える春の雑草の半分以上が食用になり、天ぷらにするとたいていのものがおいしく食べられます。表ではヘビイチゴは食べられない中に入れましたが、食べてもおいしくないだけで、食べられない訳ではありません。人によって、食べられる、食べられないの基準は違うでしょうが、ここでは食べてもおいしくないものは、食べられないものに分類しました。

食べられる植物 食べられない植物 毒のある植物
ドクダミ アメリカフウロ クサノウ
オオバコ ヘビイチゴ ウマノアシガタ
ハルジオン カラムシ  
カキドオシ ヤブジラミ  
セイヨウタンポポ イノコズチ  
シロバナタンポポ ジャノヒゲ  
オニタビラコ ヤエムグラ  
ヨモギ チジミザサ  
オオアラセイトウ アカミヒナゲシ  
ウシハコベ イモカタバミ  
スギナ キュ-リグサ  
セリ ススキ  
ハコベ オオイヌノフグリ  
ウシハコベ キランソウ  
コオニタビラコ イネ科の一種  
ノビル シダの仲間  
セイタカアワダチソウ    
ノゲシ    
ドクダミ    
クズ    
合計20種 合計16種 合計2種

お知らせ

当会のホ-ムペ-ジを新しくしました。(・・・以下、略)

ノアからのお願い!

その1.ノアで展示会を開いて下さい

村松さんの絵画展が終了し、現在展示がありません。お知り合いの方に展示会の開催を呼び掛けて下されば有り難いです。費用はかかりませんので、お気軽に展示して下さい。

その2.ノアで手作り品を頒布して下さい

目下洋服、陶器、木工品、手芸品などノアで頒布していますが、もっと色々な手作り品があると、ノアに来る楽しみが増えるというものです。狭いスペ-スですがぜひたくさんの方に出品して頂けると有り難いです。出品に経費はかかりませんが、売れた額の1割を頂戴します。会員外の方でも大歓迎です。ぜひお知り合いの方をお誘い下さい。

一般寄付をして下さった方々(4月18日~5月20日)
仮屋浩二様(寄居町)、NPO実りの会(豊島区)、音喜多博英様(狛江市)、田村典子様(深谷市)

ノア開店にご祝儀を下さった方々(4月18日~5月20日)
南部敏明様(寄居町)、小林・博昭・亮子様(上里町)、広瀬洋子様(寄居町)、野沢節子様(寄居町)

編集後記

今年度2回目の速報をお送りします。次回は7月発行予定です。その間の情報はホ-ムペ-ジをご覧下さい。

ネット環境にある方は、ノアで食事して頂いた感想や、体験プログラムに参加して感じたことなど、ブログやフェ-スブックに書き込んで下さると幸いです。私はうといのですが、ネットをとおした情報交換はPR効果が高いそうです。

5月も末になり草刈りに追われるようになりました。役所への活動報告書の提出があるうえ、今年はノアの食材として毎朝野菜を届けなければならず大変です。1年をとおして無農薬野菜を収穫できるようにするのは、易しいものではありませんね。

1銭にもならないのに、なぜこんなに忙しく働かなければならないのか?と思う一方、毎日やることがあることの幸せも実感しています。

この原稿もあわただしい中で急いで書いているので、誤字脱字などが多いのではと心配です。とくにイベントの日にちを間違えると、皆さまにご迷惑をお掛けしてしまいます。日程などおかしいと思ったら、ご指摘下さると有り難いです。

あいかわらず、資金繰りに苦労しています。とくに今年はノアでの運営が重くのしかかっています。お金のことは心配しない主義ですが、収入源の確保に務めなければなりません。そんなわけで、今年度の会費を未納の方は、早く納入して下さるようお願いします。何度も催促するのは心苦しいので、6月末までに納入されない方は勝手ながら、退会扱いとさせて頂きます。どうぞお許し下さい。

今年は寒暖の差が大きく、体調管理が大変ですね。間もなく梅雨にも入るでしょう。
どうぞご自愛下さい。

間もなくホトトギスがやって来る季節を迎えます。この鳥は夜中でも鳴き、やたらにうるさくて閉口します。でも、いなくなったら淋しい気持ちになることでしょう。カッコウの鳴き声が聞かれなくなって久しくなりました。当たり前の生き物が当たり前にいて、季節を感じる。そんなことが人間にとって、大切なのだと思います。

つい長い編集後記になってしまい失礼しました。(Y.A)

NPO法人 むさしの里山研究会

事務所: 埼玉県大里郡寄居町末野 1233-2
Tel-Fax: 048-581-4540 (新井)
E-Mail: tombo2@d1.dion.ne.jp
郵便振替: 00540-6-18599 むさしの里山研究会

© 2012 NPO法人 むさしの里山研究会里山.